→移住者がおすすめする観光スポット!

美しいピンクモスクを見に行く正しい行き方を案内します。

 

マレーシアのプトラジャヤには美しいピンクモスクがあります。

ただこのピンクモスクは車やバイクがなければ行きにくい立地の悪い場所に建てられています。

観光で来られている方は皆さまかなりの苦労をして行かれているご様子ですので、安く簡単に行く方法をご紹介いたします。

 

 

バスで行く方法

まず、KLセントラル駅から電車でプトラジャヤセントラルに行くか、チャイナタウン近くのバス乗り場500番のバスでプトラジャヤセントラルまで来ていただきます。

KLセントラル駅から502番のバスに乗れば、ピンクモスク(プトラモスク)の目の前に停車します。

バスの料金はプトラジャヤセントラルから日本円で約50円程です。

 

タクシーで行く場合

個人タクシー GRAB TAXI(グラブタクシー)を使用してください。

プトラジャヤセントラルからでしたらRM15前後(約400円)もあれば十分行けるかと思います。

グラブタクシーDownload Grab for fast, safe and reliable rides

URL https://invite.grab.co/n92340

 

インターネットのアクセスの方法はマレーシアではママック(ローカル食堂を含め)大体の飲食店でフリーWifiがあります。

駅にも有る場合があります。

電車のプトラジャヤセントラル駅の端の方にもママックがあるのでもしかしたらそこでもWifiが繋がるかもしれません。

必ずWifiはあるか、パスワードは何かを聞いて下さいね。

 

又シムフリーの携帯をお持ちの方はマレーシアでシムカードを契約しても良いと思います。

1か月RM20~RM30(約500円~約800円程 携帯会社による)

日本と違っつてマレーシアはすべてプリペードカード式なので1カ月分だけ使用し、2ヶ月目も又使用したければコンビニでレシートを発行してもらいトップアップするか、携帯会社に行ってトップアップしてもらうかします。

使わなければそのままほおっておくと3カ月でシムカードが自動で無効になります。

安価でインターネットと電話が使えますので、どれかを利用して繋げてみるのも良いかと思います。

又後日、通信方法やタクシーについては記事に詳しく書かせていただきます。

 

 

プトラ・モスク(英: Putra Mosque、マレー語: Masjid Putra)別名ピンクモスク

行政都市プトラジャヤにあるマレーシアの主要なモスクです。

1997年より建設開始、2年後の1999年に完成しました。

プトラモスク(ピンクモスク)は、マレーシア首相府および人造湖のプトラジャヤ湖があるペルダナ・プトラの隣に位置しています。

ピンク色のドームが特徴のプトラ・モスクは、3つの主要な機能的領域、祈りのホール、中庭と様々施設だ有ります。

一度に15000人の崇拝者を収容することができるそうです。

中に入ると女性のみローブが貸し出されます。

それを着て中に進みます。

イスラム教徒にとってモスクは神聖な場所ですので、必ずルールを守ってお進み下さい。

頭のフードをかぶるのもお忘れなく!

 

観光客の可能の見学時間

 

土曜日〜木曜日

①9:00-12:30
②14:00-16:00
③17:30-18:00

 

金曜日

①15:00-16:00
②17:30-18:00

 

神殿の中ではタブレットを持ち、英語で案内して下さる方が居ます。

金曜日は男性のみで約8000人がこのピンクモスクの祈りの場に集まるそうです。

 

 

 

アクセス方法

名称 プトラモスク(ピンクモスク)

住所 

電話番号 

入場料 無料