日本人が移住したい国10年連続1位のマレーシア

ロングステイ財団の調査によるとマレーシアは2006年~2015年
10年間連続で日本人が住みたい国No.1に選ばれているようです。

最近はテレビでもよく紹介されて話題になっていますね。

日本人が住みやすい国として日本からマレーシアへの移住者が年々増えているのですが、その多くは仕事で移ったり、リタイアメント層の方が年金だけで暮らせるといった理由のようです。

私もマレーシア移住者の一人ですがマレーシアはなぜ日本人に人気があるのか

その理由について詳しくレポートしてみたいと思います。

マレーシアが日本人に人気な理由

日本人にとってマレーシアが住みやすいという点はたくさんあると思います。

その中でも特に良いと思う点を、移住して5年以上の方や友人に聞いてピックアップしてみました。

年間を通して温暖な気候

マレーシアは年間を通して27℃~33℃と温暖で、とても過ごしやすい気候となっています。

日本には四季があり、春夏秋冬、季節に合わせたイベントや変化による楽しみがあって素晴らしいのですが、寒いのが苦手な方や冷え症の方にとっては最高の気候ではないでしょうか。

温暖な気候というのは肌の代謝を高めてくれる(ターンオーバーも早くなる)ので、女性にとって嬉しい点です。

他にも、人は身体が冷えるとマイナス思考になりやすいという研究結果があり、マレーシアに移住したことによって寒さからマイナス思考にならなくなったというメリットがありました。

温暖な気候というのは寒がりな私が日本からマレーシアに移り住みたいと思った一番の理由です。

家賃が安い

日本人に人気のエリア、クアラルンプール・ジョホールバル・ペナン島等の高級コンドミニアムではほとんどの物件に駐車場・ジム・プールがついており、警備員が常駐している物件も多いのでセキュリティー面でも安心。
クアラルンプールや都心の中心部でなければ2DKの広さの家に5万円前後で住む事ができます。

賃貸契約については日本と異なっている部分があり、ほとんどの物件はdeposit(保証金)が家賃の2カ月分となっており、契約期間は1年間となります。

通常は1年経てば自動更新となるのですが、1年経った時に家賃が変動する事があります。

安くなれば良いのですが、高くなることもあります。(家賃相場が安くなれば逆に交渉する事も可能なようです)

はじめに支払ったdeposit(保証金)は借りた家を出る時に、部屋の汚損や付帯設備の破損等がなければ返ってくるシステムです。

日本の都心に住んだ場合、20万円以上する物件でもマレーシアでは4分の1程度の金額で借りられるのも魅力の一つだと思います。
場所や物件によっては4分の1以上、もっとお安く借りられる物件もあります。

ビザが入手しやすい

マレーシアは他の国と違って非常にビザがおりやすく、日本人に優しい国です。
リタイアメント層の方が取得される事が多い長期滞在ビザMM2H(マレーシア・マイ・セカンドホーム・プログラム)はマレーシアに10年間滞在する事ができ、自由に出入国する事ができます。
MM2Hであればマレーシアに滞在する義務が無いというのも魅力です。

就労ビザの入手も他の国から比べるとハードルが低いと言われています。

 

外食が安い

ママックと呼ばれるローカル食堂では1食6RM~10RMぐらいで食べる事ができます。
カレーなら3RMで食べられる所もありました。

500mlペットボトルの水は1~2RM。

1RM=25円(2017年2月のレート)としても250円あればお腹いっぱい食べられる計算になります。

ただ、ショッピングモールでの食事や日本食はそこそこします。

ショッピングモールのレストラン(マレー料理)はドリンクを付けて15RM~20RM

日本食を提供しているレストランの場合、日本と同じぐらいか少し安いぐらいだと思っておいたほうが良いです。

 

マレーシアは親日国

マレーシアでどこから来たの?と聞かれた時に日本(日本人)だと答えると大体は好感をもたれます。
知人のマレー人に聞いたところ、現地のマレー人は日本に憧れを持っている人が多いとの事でした。

利用したタクシーの運転手さんから聞いた話では、日本人はマナーが良く礼儀正しい。
多くのタクシードライバーは「日本人に対して非常に好感を持っていると思う」と言っていました。
その運転手さんはマレー人より日本人の方が好感を持てると言ってくれました。

他の国でもいえる事ですがマレーシアでも日本のアニメに対する人気が高く、1度行ってみたい国として日本への憧れが強いのではないかと思います。

日本語の意味を分かっていないと思うのですが「ちくわ」や「未来 現在 過去」と書いているTシャツを着た人を見かけた事もあります。

マレー系中国人のショップでも間違った日本語が乱用させており、日本の文字がブランド力を持っているのではないかと思いました。

 

今回はマレーシアが日本人に人気のある理由について書いてみました。

次回はマレーシアに住んで困った事を書いてみようかと思います。